2011年01月30日

旭川は3年ぶりにマイナス20°以下

フレンチブルドッグ.gif

女房と娘がインフルエンザにかかった。
幸い、二人とも重症化することなく、ぼくの方も感染することなく済んだ。ぼくまでかかってしまったら、ぶるぼんの散歩をする人間がいなくなてしまう。今度は別の型のウィルスが流行する兆しとかで、油断はできません。

このところ、 ぼくらの食事の時間になると、ぶるぼんは隔離されていた。テーブルの下に入って、娘の食べこぼしたものを狙うので。でも、その必要もなくなった。柵に閉じこめられるのがよほど嫌なようで、テーブルの下に入らなくなった。ちょっとすねた感じで、クッションに顔を埋めている。アレルギーも最近は出ていない。おまたの調子は今ひとつ。

おととい、旭川は3年ぶりにマイナス20°以下に。朝の散歩はさすがに寒かったけれど、ぶるぼんは意外と平気な顔をしていた。一月の中頃から旭川もだいぶ雪が降ったが、山陰や東北ではすごい大雪。秋田の十文字町に父の実家があるのだけれど、今は無人で、3メートル近く屋根に雪が積もっているらしい。役所に電話をして、雪下ろしを頼もうとしたのだけれど、どこも人手を求めていて、無人の家にまで手が回らないと断られてしまった。今後も雪が降る予報が出ているので心配。


PR

posted by ブルルッチ at 21:25| Comment(0) | フレンチブルドッグ その3
この記事へのコメント