2011年01月23日

おまたの炎症で通院してます

フレンチブルドッグ.gif

この冬、おまたの炎症をおこしているぶるぼん。
ふつう一歳くらいまでの若いオスがかかる病気らしい。重症化する心配はないけれど、なおりにくい病気で、通院をはじめてもう2ヶ月ちかい。今は薬は処方されず、獣医さんに幹部を洗浄してもらうだけ。ぶるぼんはこれがそれほど嫌ではないらしい。気持ち良さそうに身を任せている。あと数回通院すれば完治しそうなところまできた。

娘がぶるぼんと遊びたがるようになった。まだまだ乱暴で、こっちがびっくりするようなこともするけれど、今までのような敵意は感じられない。もちろんぶるぼんにとっては、おもちゃのように扱われるのは心外で、急になれなれしく触られたり、追いかけられたりして、かなり迷惑そうだ。ぶるぼんが喜ぶ接し方を、ぼくらがちゃんと見せなければいけない。

散歩コースが雪におおわれたので、アレルギーの方は落ち着いている。ただ、2週間くらい前に突然ぶるぼんの顔が真っ赤になり、しっぽの付け根のところも赤くはれたことがあった。獣医さんに相談すると、何かに触れて反応したというよりは、何かを食べて症状が出た可能性が高いとのこと。テーブルの下で、娘の食べこぼしたものを狙っていることがあるので、食事時はちょっとだけ隔離することにした。3日くらいで皮膚の状態はすっかり良くなった。


PR

posted by ブルルッチ at 16:22| Comment(0) | フレンチブルドッグ その3
この記事へのコメント